腰の痛みについて

我々の最も得意とする症状である腰の痛みですが 腰の痛みにもたくさんの種類があります。 大きく分けると、腰を曲げたときに痛むタイプと伸ばした時に痛むタイプがあり、 足のシビレや痛みといった神経痛を伴う場合もあります。 腰が痛いからといって、腰だけが悪いというわけではなく 腰の痛みも“結果”であって原因は別の部位にあることもあります。 身体から腕と足を除いた部分を体幹(たいかん)といいますが 体幹の動きは、複数の関節による複合的な動きになります。 もっとも関連の深い部分は股関節になります。 デスクワークが多く、椅子に座った姿勢の長い方、運動不足の方は股関節が固くなります。 股関節が固くなると、背骨を載せている骨盤の動きが悪くなるということですから その分、腰には余計な負担がかかるようになり腰を痛めてしまうのです。 もう一つ、大事な要素は“腹圧”=お腹の圧力(内圧)です。 タイヤを思い出していただきたいのですが 空気を入れたタイヤは固くて強度が増します。 お腹に空気を入れ、お腹の筋肉で圧迫してあげることで体幹は強度が増し、安定するのです。 お腹の筋力が弱い、使い方を忘れているような方は腰を痛めやすくなります。 治療としては腰部の治療だけではなく、股関節の動きを良くしたり 正しい体の使い方を覚えていただくような運動療法も必要です。

急性腰痛(ぎっくり腰)

腰痛には、一般的に「ぎっくり腰」と呼ばれる急性腰痛症と、痛みは軽いものの強くなったり楽になったりを繰り返す慢性腰痛症があります。 急性腰痛症は不意の動作、特にひねり動作で急に起きることが多く、慢性的な腰痛症は日常生活での不良姿勢による腰の筋肉の疲労などが原因です。腰椎周囲の筋力が弱く、適切な姿勢が保持できなかったり、腰椎周囲の筋肉に過度の負担がかかることが、腰痛の原因になります。 普段から重いものを持ち上げる際は、できるだけ体に引きつけて持ち上げたり、お腹からの距離を短くすることで、腰背部の筋肉にかかる負担を小さく出来ます。 椅子に座る場合は腰椎の前弯を減少させるために、膝の高さが臀部の高さよりやや高くなるようにするか、膝を組んで座るようにします。
立ち仕事の場合は、腰椎の前弯防止と筋肉の疲労を軽減させるために、足台を使うようにします。骨盤を水平に保つことで腰椎の前弯を減少させ、腰部の筋肉の疲労を減らすことができます。 いずれにせよ、同じ姿勢を長時間とり続けないようにすることが大切です。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは、 背骨の腰の骨と骨の間の椎間板というクッションが、つぶれてはみでてしまう疾病です。 おまんじゅうの皮が骨、中身のあんこが椎間板だとすると、おまんじゅうがつぶれると中の餡子がはみだしてくる、そんなイメージですね。 そのはみでた椎間板が、神経を刺激したり圧迫してしまうことにより、 腰の痛み、臀部(お尻)・脚のシビレや麻痺、痛みなどを引き起こすことがあります。

治療は、 『腰周りの筋肉の柔軟性および筋力の向上』 が大事になります。 基本的に、椎間板がつぶれてしまうぐらい負荷がかかっているのならば、周囲の筋肉にも相当負荷がかかっています。
筋肉は、一定以上の負荷がかかれば、疲労して固くなります。

固くなると、血流が悪くなり固まったままになります。

固くなった筋肉は筋力低下を起こします。

腰椎を支えられなくなり、ヘルニアがひどくなる。


ですから、筋肉をほぐして、血流を良くする必要があるのです。
腰椎は筋肉に支えられているので、 筋肉が弱くなってしまうと、腰椎への負担が大きくなりますので、 筋力をしっかりさせて、腰椎への負担を減らしてあげることが大事なのです。

さくら鍼灸整骨院

  • 【住所】〒247-0006 神奈川県横浜市栄区笠間1-5-1 リーフビル2階
  • 【アクセス】大船駅笠間口から徒歩5分。駅前の道をまっすぐ進んで左側。ファミリーマートの2Fです。アクセスマップはこちら
  • 【受付時間】9:00~20:00 土祝7:30~14:00
  • 【休診日】日曜
045-896-1438
【受付時間】9:00~20:00 【休診日】なし(祝日も営業)

お問い合わせはこちら

さくら鍼灸整骨院

さくら鍼灸整骨院

  • 【住所】〒247-0006 神奈川県横浜市栄区笠間1-5-1 リーフビル2階
  • 【アクセス】大船駅笠間口から徒歩5分。駅前の道をまっすぐ進んで左側。ファミリーマートの2Fです。
    アクセスマップはこちら
  • 【受付時間】9:00~20:00 土祝9:00~14:00
  • 【休診日】日曜